2017年9月21日木曜日

ダッソー・システムズ主催「アディティブ・マニュファクチャリング・シンポジウム」に協賛


ダッソー・システムズ様主催の「アディティブ・マニュファクチャリング・シンポジウム」に協賛させていただきます。

「アディティブ・マニュファクチャリング・シンポジウム」
  • 日時:2017年10月11日 (水)  13:30~18:00 (13:00開場)
                 
  • 会場東京コンファレンスセンター品川 402N
          
  • 主催:ダッソー・システムズ株式会社
  • 対象者:製造業の研究・開発・設計・技術管理部門の方、経営改革・業務改革に携わっている方
  • 参加費:無料

講演者
  • デュポン株式会社 パフォーマンスマテリアル事業部 技術部 設計技術室 金田 紘明氏
  • TWI Japan (接合・溶接、表面改質、NDT、構造物健全性評価研究所)  角張 隆男氏
  • WEARE Group アドリアン ピション氏
  • 株式会社山一ハガネ AM事業部 事業部長 小栗 有志氏
  • 株式会社スリーディー・システムズ・ジャパン 営業部 並木 隆生氏

詳細、お申し込みはこちら です。


2017年9月14日木曜日

[出展情報]関西 設計・製造ソリューション展(DMS)

3D System Japanは、2017104日(水)~6日(金)にインテックス大阪で開催される「第20回 関西 設計・製造ソリューション展(DMS関西)」に初めて出展します。
今回、大型造形・マルチマテリアル3Dプリンター「ProJet MJP 5600」、高精度、スピード、簡単操作インクジェット3Dプリンター「ProJet MJP 2500」、次世代の3D計測ソフトウェア 「Geomagic Control X」の実機・ソフトウェア等々を展示します。




<関西 設計製造ソリューション展 3D Systems Japanブース
会期:2017104日(水)~6日(金)10001800 金曜日のみ17:00まで
会場:インテックス大阪 
小間番号:2号館 4-52


皆様のご来場をお待ちしております。

2017年9月12日火曜日

3Dプリンターで型作り、新しい活用方法の提案②

今回のテーマとなるインターホン


今回は3Dプリンターを使った新しい活用方法のつづきです。
3Dプリンターを成型品としてではなく、型成型としても活用していこう!汎用性のあるインターホンに対して、意匠デザインを展開していきます。

そもそも今回の内容は一人のアイデアから始まりました。
「3Dプリンターで型を作って、真空成型機を使って成型したら安いコストで意匠デザインの展開ができるんじゃ?」ということで実際にやってみました。

しかしデータを作成する前に悩まされることがあります。



悩んだ結果、海へ来ました。

・強度に必要な厚みとは
・空気を抜くために必要な穴のサイズとは
・成形した形状に影響しない穴のサイズとは
・穴の大きさ深さからどんな形状が作られるのか
・そもそも真空成型機を見たことがない

とまぁ、分からないこともありますが細かいことは作ってみてから考えようと思います。



今回使った真空成型機はNSK様にご協力いただき『Formech』を使わせていただきました。
コンパクトで分かり易くセッティングも容易なのが特徴です。


ちなみに3Dプリンターの CJP (Color Jet Printing) で出力さえたものを型として真空成型機で成型すると、穴を開けることなく真空成形することができます。 CJP は素材に石こうを使っていて、硬化させるのに接着剤を使用しています。
石こうは積層時に非常に小さなすき間が生まれるので、そのすき間から空気が抜かれる仕組みです。
形状の厚みによっては壊れる可能性もありますので、真空成型機で使う場合には注意が必要です。
ProJet CJP 660Pro の情報はコチラ

突起形状の小さな丸が並ぶ場合はご注意!


まずは2Dの作図から行いました。
使ったソフトウェアは『Geomagic DesignX』です。
こちらのソフトウェアはスキャナで測定したデータをリバースモデリングするソフトウェアで、CADモデリング機能を使ってモデリングしていきます。

2Dの作図を行うときに注意しなければいけないこととして
小さな丸いものが複数個並び、しかもそれが突起形状だとどうなるか…ということです。人によっては耐えられない形状ができてしまいます。きもち悪くならないレイアウトが必要になります。




型の安定性を増すためにリブを立てました。
形状によってはリブを立てることによって、変形を防いで精度が上がります。
リブの幅は5mmに設定しました。空気を抜く穴を避けながらリブを設置します。



作図が終了したものがこちらになります。
ドット柄・和柄(小)・和柄(大)の3種類を作成しました。



今回の和柄を作るときは肉厚がなくなってしまうと、3Dプリントしたときにバラバラになるので
その場合は角を丸めることで回避できます。
2Dの作図の時には気づきませんでしたが、3Dにすると真空成型機で成形するときに壊れてしまうことに気付きますね。


次回は、3Dプリンターでプリントしたものと真空成型機で成形したものをご紹介します!

2017年9月10日日曜日

ProJet 2500 で作ったLEDライトケース

ProJet MJPの三男坊の3Dプリンタ、ProJet MJP 2500で作ったLEDライトケースです。





毎日鍵につけてバッグに入れて3ヶ月使ってますが、ヒビも入らずとても丈夫!
中に回路やバッテリーが入っており、ちゃんとライトも点きます。

透明材料なので、中が少し透けて見えて、カバーには物凄く細かいロゴも入ってます。
精度が高いので、ぴったり嵌って外れません。

新しいクリアマテリアルは、最終用途にどの位耐えられるかな?





今回のLEDライトケースで使ったマテリアルは・・・



2017年9月7日木曜日

岐阜県ソフトピアジャパン:ProJet 5500X, FreeForm, 3Dスキャナなど貸し出し開始と、説明会のご案内

岐阜県は「岐阜県成長・雇用戦略2017」の一環として、県内ものづくり企業の生産性向上や新商品開発、付加価値の創出を促す「岐阜県第4次産業革命推進プロジェクト」に取り組んでおられますが、今回 本プロジェクトの一環として、ソフトピアジャパンに新しく複合材料対応3Dプリンタ(ProJet MJP 5500X)と3Dスキャナが設置されました。

10月の貸出開始に先駆け、無料の事前操作説明会が開催されますので、ご案内いたします。ご興味のある方は直接ソフトピアジャパンのweb pageよりお申込みください。


関連ウェブサイト:


日程2017年9月20日(水)、9月21日(木)、9月25日(月)10:00~17:0020日(水)の第三部、21日(木)は定員になりましたので申込を締め切りました。
※ 全日程、同様の内容です。
※ 3部構成となりますが、各日・各部分けての受講が可能です。
場所ソフトピアジャパン ドリーム・コア
1F ‟ものづくり空間 Fab-core”
2F メッセ
岐阜県大垣市今宿6-52-16
参加費  無 料
内容
10:00 ~ 12:00
第一部
3Dスキャナの紹介
・3Dデータの考え方
・3Dスキャナの紹介
・3Dスキャナ操作体験
高解像度ハンディ3Dスキャナ Artec EVA(Artec社)
高精度、高速、軽量なハンディ3Dスキャナです。スキャニングと同時にカラー画像も撮影し、自動で3Dデータに張り付けることができます。
13:00 ~ 15:30
第二部
3Dモデリングソフト「FreeForm®」の紹介
・FreeFormの紹介
・FreeForm 操作体験
・スキャンデータの修正方法
3Dデジタルモデリングシステム Geomagic® FreeForm® (3DSystems社)
従来のCADワークフローと一体化することができる、タッチ式デジタルモデリングシステムです。
15:30 ~ 17:00
第三部
3Dプリンタの紹介
・3Dプリンタの紹介
・3D Sprint 操作説明
・後工程紹介
複合材料対応3Dプリンタ Projet® MJP5500X(3D Systems社)
Projet® MJP5500X
マルチジェットプリンタ方式の3Dプリンタです。複合材料対応のため、ABSライクな素材、ポリカーボネートライクな素材、ゴムライクな素材で出力することができます。
定員各部 10名(先着順)
※ 定員超過の場合、岐阜県内の企業・事業者の方を優先させていただきます。
対象3Dプリンタの利活用を考えている企業・事業者など


主催岐阜県 公益財団法人ソフトピアジャパン

2017年8月25日金曜日

[ User Story vol. 01] メタルプリンターと3DXpertソフトウェアで前進的なワークフローを確立したMetal Technology社

3D Systems社のUser Storyの抄訳版をブログで更新していく予定です。

3D Systems’ Metal Printers and 3DXpert Software Advance Workflow and Capabilities at Metal Technology, Inc.

メタルプリンターと3DXpertソフトウェアで前進的なワークフローを確立したMetal Technology社


課題
ダイレクトメタルプリンティングワークフローの合理化し、複雑なメタル部品の生産時間を短縮し、トータルコストの削減。

解決策
3D SystemsのProX®DMPシリーズプリンターで3Dプリント用ファイルの最適化準備するための、メタルアディティブマニュファクチャリング向けオールインワンソフトウェア3DXpert™

結果
• ファイル処理時間を最大75%短縮
• 製造時間を最大40%短縮
• ソフトウェアソリューションの時間とコストの削減
• データ転送エラーのリスクを回避


オレゴン州を拠点するMetal Technology社(MTI社)は、40年以上のメタル製造業の実績があり、幅広い機能と高品質の造形により、顧客から高い信頼を得ています。 MTI社は、独自の深絞り成形、鍛造、回転、CNC加工、および積層造形技術に基づき、航空宇宙、防衛、原子力、医療分野の様々な顧客にサービスを提供しています。NASAを含む顧客リストに加えて、MTIの優れている点は、非常に複雑な設計を管理し、ニッケル超合金、タンタル、チタンなどの特殊材料を扱うという厳しい要求に応えることができることです。



Metal Technology社 エンジニアリング ディレクター Jason Stitzel氏は次のように述べています。「お客様と密にコミュニケーションをとり、課題を理解し、複雑な要件に対するソリューションを特定し、特別なニーズに合わせてコンポーネントを構築します。 アディティブマニュファクチャリング(ダイレクトメタルプリンティング(DMP))は、お客様と一緒に機能部品を開発するめったにない機会ととらえています。」


メタル部品のアディティブ・マニュファクチャリングを活用した成功事例の1つは、いくつかの複雑な内部流路を有するバルブ部品でした。従来、バルブは、一緒に溶接、鍛造します。 3Dプリントを使用して、MTI社は、顧客と協力して、複雑形状の設計を単一の部品に造形しました。 Stitzel氏は、アセンブリに伴う時間と労力を節約するだけでなく、単一造形を可能にし、メンテナンスの必要性が低く、寿命が長い優れた製品を提供しました。MTI社の多くのプロジェクトでは、ニッケル超合金やタンタルなどの材料が必要であり、これらの材料や極端な温度に関連した独自の課題に対して、お客様により良いソリューションを提供できるようになりました。


MTI社は、優れたプリンターを提供するだけでなく、最先端の技術をもつベンダーと提携しようとしていました。
「3Dシステムズを選択した大きな要因は、プロセスのコントロールを強化することでした。現在利用しているものから拡張したいと思っており、3Dシステムズが他のベンダーよりも優れていると感じました。 また、3D Systemsは、製品のR&Dに膨大な投資をしています。現在、MTI社には3Dシステムズ社のProX®DMP 320とProX DMP 200の2つの3Dプリンターを所有しており、ProX DMPシリーズにより、従来よりも迅速かつ経済的に最終用途の部品を生産することができます。」とMetal Technology社のCEO、Gary Cosmer氏は述べています。
MTI社は、常に最先端技術に興味を示しており、業界初のメタルアディティブマニュファクチャリングの包括的なソリューションである3DXpert™ソフトウェアを組み込むことを熱望していました。


Jason Stitzel氏は次のように述べています。
「少なくとも3つの異なるソフトウェアを使用していましたが、最終製品を1つのシステムですべて実行できるようになりました。3DXpertは、3Dプリンターが単一のパッケージでプロダクションで理解し使用できるジオメトリとファイルを作成するために必要なすべてのツールを提供しています。これは、ソリッドモデルからSTLへの変換をしなくてもすみます。ネイティブCADモデルを3DXpertに読み込み、必要に応じてCADツールで修正し、最適なサポート構造を適用します。3DXpertのゾーニング機能を使用して、様々なプリント戦略を簡単に定義できます。 30ミクロンの微細な層を持つ非常に薄いシェルを作り上げることができます。他社のソフトウェアでは、多くの時間と努力が必要です。 3DXpertを使用すると、部品の解析、素早く簡単に操作でき、サポート材料を減らすことでコスト削減が可能になります。」


3DXpertは、ファイル処理時間を75%も短縮することができました。「3DXpertを使用する前に、スライスエンジンで複雑な部分を実行すると、処理、スライス、パラメーターの実行、およびビルドファイルの作成に20時間ほどかかりました。 3DXpertを使用すると、わずか4時間で同じビルドを実行できます。プロセスの途中で、設計変更や改良することが起こります。以前は、モデルを変更すると、最初からやり直す必要がありましたが、 3DXpertは、設計や方向付けの変更に対してより寛容です。いくつかのことを微調整する必要があるかもしれませんが、私たちが行ったすべての作業を失うことはありません。プロジェクトの大幅な遅延やコストの犠牲を払うことなく、部品をより使いやすくすることができるからです。


「非常にチャレンジな要件を備えた非常に要求の厳しいお客様へサービスを提供することに自信を持っています。 アディティブ・マニュファクチャリングでは、お客様が思い描いているアイデアを形にすることができ、従来の方法では難しかったソリューションを顧客に提供することができます。3Dシステムズのプリンターと3DXpertは、迅速な部品生産を可能にし、弊社のビジネスの成功の大部分を占めています。我々は、検査や造形後の処理なども3Dシステムズのソリューションをで活用することで、ワンストップサービスのソリューションを完成させることが可能になりました。」とStitzel氏とコメントしています。

2017年8月24日木曜日

3Dプリンターで型作り、新しい活用方法の提案①

今回は3Dプリンターを使った新しい活用方法の提案になります。

これまでの3Dプリンターの活用方法と言えば、成型品を出力するという使われ方がほとんどで、樹脂型を製作するために出力されることは、あまりなかったように思います。そこで今回は、3Dプリンターで出力したものが成形品ではなく簡易樹脂型としても活用できる!という内容の提案になります。

成形品ではなく型を3Dプリンターで出力するイメージ図


同じ形状ものを大量に生産するには、型を作って出力する方が効率的です。そして、3Dプリンターは形状の違うものを多く出力することが得意です。

しかし、型を作ろうとすると時間もコストも多く必要になり、意匠デザインとなると、細やかな違いを比較して納得のいく形状を詰めたいものです。そのために短時間で大量に形状の違うものを出力できる3Dプリンターの樹脂型作りを提案します。3Dプリンターで型を作り違う形状のものを多く出力し、短い時間でアイデアを具現化することができます。

次回は実際に3Dプリンターで制作した型を使って、違うバリエーションの形状を出力し、検討したものをお伝えします。ご期待ください!