2019年4月18日木曜日

Geomagic Design X 2019 リリース -スケッチとモデリング-



 今回は『スケッチとモデリング』というテーマでお伝えします。
モデリングの土台作りとなるスケッチ作成機能でユーザービリティのが向上と、ハイクオリティサーフェースを作成する際に必要な機能追加が行われています。



押出し形状のCADデータや設計モデリングを作成する際に、2D図面となるスケッチを作成します。このスケッチを作成する際に便利な機能として拘束条件があります。拘束条件コマンドは2D図面を作成する際の補助機能として、スケッチ要素に対し関連性を定義する場合に使用する機能です。例えば直線を水平方向にスナップさせたり、水平や平行な直線など寸法の拘束を定義する場合にも使用します。



この拘束条件を使用するには、従来は右クリックでメニューを呼び出す必要がありました。Design X 2019ではリボンツールバーに常駐しておりますので、ツールコマンドからダイアログを直接開くことができるようになり操作の工程が少なくなりました。



拘束条件に中間点・対称・平行が追加されました。中間点はスケッチ要素の中間の位置でスナップし、対称は中心線を作成した後に定義すると対象形状に拘束されます。平行は以前からありましたが、複数点の端点にも適応できるようになりました。



寸法を定義するときに使用するスマート寸法は、測定データから抽出した小数点以下の数値を手動で入力し修正していましたが、プルダウンメニューから指定しておけば、自動的に丸めることができるようになりました。寸法の調整に手間が省け効率的になっています。



3Dスケッチの曲線を調整する方法としてスプライン点を移動させる方法がありましたが、制御点を移動する方法が追加されました。曲線を全体の傾向を見ながら調整することができるので、高品質なサーフェースを作成するときに有効です。



ロフトウィザードコマンドでサーフェスを作成する際に、スプラインポイントの数を調整する機能がプレビュー中の状態で追加されました。この機能により表面偏差と表面品質のバランスを取りながら、スプラインポイントの数を調整することのワークフローを効率化します。偏差の少ない形状を重視するのか、サーフェースの品質を重視するのかを視覚的に確認しながら調整することができます。


無料トライアルとして15日間を制限ない機能の状態で使用することができます。
お問合せやご相談はお気軽にお問合せ下さい。
Geomagic.sales.japan@3dsystems.com

2019年4月16日火曜日

SOLIDWORKS ソリューションセミナー講演&出展


4月24日(水)、大塚商会様主催のSOLIDWORKS Solution Seminarに講演、出展させて頂きます!SOLIDWORKSの一大イベント、スリーディー・システムズ・ジャパンではSOLIDWORKSを使ったものづくりの活用を広げるアドオン製品を展示ブースでご紹介するとともに、金属プリンタとそのためのモデルづくりについて講演させて頂きます。
詳しくはイベントページをご覧ください。


2019年4月11日木曜日

第3回リバースエンジニアリングワークショップ


リバースエンジニアリングワークショップ 第3回を5月10日(金)に開催致します。

第2回では3Dスキャナでスキャンしたデータを「使える」データにする、という目的でデータの修正、最適化の手法について解説しましたが、今回はそのデータを使って「目的のモノ」を作る、にフォーカスします。
今回の「目的」は、CADや解析に使えるデジタルツインモデルを作る、です。サーフェース・ソリッドデータの作成方法にはどういった方法があるのか、どういった利点や弱点があるのか、などの解説と、デジタルツインモデルとなるサーフェースデータをソフトウェアを使って実際に作ってみる体験を行います。

「リバースエンジニアリングってよく聞くけど、具体的にどういうデータを作るものなの?それによって何ができそうなの?どういった違いがあるの?」こうした疑問を気軽にぶつけてみませんか?
初めての方も、活用を広げたい方も、是非お気軽にご参加ください。第1、2回に不参加の方もご参加いただけます!

参加には、該当する会ごとに事前登録が必要です。詳しくはイベントページをご参照ください。
スキャンして最適化したデータから作られたサーフェースデータ

2019年3月27日水曜日

第2回リバースエンジニアリングワークショップ


先月から始まったリバースエンジニアリングワークショップ。第2回は4月5日(金)に開催されます。
今回は3Dスキャナーで取った3次元データをどうやって処理するか、どうやって「使える」データにするか、を学びます。データ処理は3Dスキャンデータを扱う上で基本にして重要なステップですが、目的によってどういった処理が必要なのかが変わってきます。不必要に時間を掛けてしまっては後工程でのスケジュールに響きますし、かといって必要な処理がこの段階でできていなくても然りです。
そこで第2回目のワークショップでは目的別に必要な処理の違いを、実際にスキャンしたデータを見ながら学習します。初めての方も、活用を広げたい方も、是非お気軽にご参加ください。第1回に不参加の方もご参加いただけます!

参加には事前登録が必要です。詳しくはイベントページをご参照ください。

スキャンデータの処理の違いによる表面精度や形状再現の違い

2019年3月12日火曜日

第1回リバースエンジニアリングワークショップ後記

このブログでもお知らせしておりました、『リバースエンジニアリングワークショップ』。 3月1日に第一回としてスキャニングについての講習が開催されました。

当日はスキャナを既にお持ちのお客様からこれら検討をされるお客様まで、多くのお客様にご参加頂くことができましたので、様子を少しご報告したいと思います。


まずは前半第1部として、3Dスキャナの測定原理や特徴、方式などを教室形式で解説。
その後、展示ルームに設置した各種スキャナの実機体験をしていただきました。

今回スキャナメーカー様からのご協力でお貸出し頂いたアーム式スキャナの他、卓上に設置したカメラ式のスキャナ、カラーも取得できるタイプのハンディスキャナをご用意しました。グループに分かれて実際にスキャニングを体験頂き、それぞれ方式やスペックの異なるスキャナのデータの取得状況による違いなどを確認しました。
手法の異なるスキャナでスキャンを体験

高精度のスキャンが可能なアーム式スキャナでは、黒色・光沢・透明などの、一般的にスキャナが苦手とする材質の対象物を使って、素材によるスキャンの結果の違いがどのようなものか実際に確認して頂きました。
材質の異なるパーツや複雑な形状がどうスキャンの違いがでるかを確認

休憩を挟んで第2部は、多方向からそれぞれにスキャニングされたデータ同士の位置合わせや合成処理などの一般的な作業の流れをソフトウェア使って体験。
スキャンしたデータの一般的な後処理をソフトウェアを使って学習

合計3時間の短い時間ではありましたが、リバースエンジニアリングの第1ステップとして必要な内容を体感して頂けたのではないでしょうか。

第2回は 4月5日(金)どこまでやったらいいの?スキャンデータの編集あれこれです。スキャンしたデータって、いったいどうしたら「使える」ようになるの?といった疑問にお答えします。詳しくはイベントページをご覧ください。


最後に、ワークショップでお客様から頂いたご質問をいくつかご紹介します:

Q: 手軽で安価なスキャナなどでスキャンしたデータは形状が細かくは再現できていないようですが、こうしたデータにはどんな利用用途がありますか?

A: たとえば、車両の内装用品の設計検討に利用されるという事例があります。 すでに存在する形状に収まる用に部品を設計する場合、細かな形状再現ができている必要は無く、合わせ面部分が抽出できれば良いので、大まかなデータでも問題ないとのことでした。 低価格で手軽にスキャニングが行えるからこそ、これまで使っていなかった様な分野で現物からの形状情報を抽出することで効率化を図ることができると思います。

Q: 細い隙間のスキャンは難しいと説明がありましたが、どこまでスキャンできるでしょう。

A: 形状によっても異なるので一概には言えませんが、例えば隙間や細い形状をスキャンするには、細い形状を横向きに断面を取る様なイメージでレーザーを動かす事によって、安定的なデータを取得できることが多いです。
円柱形状や隙間の長手方向にレーザーを当ててしまうと、対象物との距離やスキャナを動かすスピードによって取得できるデータ量が左右されやすくなります。そこで、円柱や隙間を横切る様な方向でレーザーを当てることにより、安定的なスキャニングができます。

Q: スキャナの貸出は行っていますか?

A: 残念ながら、弊社では行っておりませんが、有償で貸し出しを行われている企業様もあるようです。精度の高いスキャナであれば、各地域の産業技術センターでもご利用頂ける施設をお持ちの場合が多いです。



2019年2月21日木曜日

Geomagic Design X 2019 リリース -スキャンデータの処理-


 今回は『スキャンデータの処理』というテーマでお伝えします。
前回に引き続き、今回もソフトウェアの中核となるメッシュエンジンの刷新により改善された内容になります。



新しいメッシュエンジンは、昨今の大容量スキャンデータに対応すべくメッシュ・ポリゴン・点群を扱うエンジンが今回から搭載されています。Geomagic Design Xで使う機能に、領域分割・読み込み・保存・取り消し・やり直し・スムーズ・削除とありますがメッシュエンジンの刷新により基本機能が改善されています。



領域分割について、スキャンデータから3D形状を識別して自動的にフィーチャを分類する機能ですが、データの容量や形状によっては処理時間を要していました。Geomagic Design X 2019(以下「DX2019」と称する)は処理時間の短縮が行われています。さらにデータを間引いたり最適化されたデータであればより早い結果を得ることができます。



スムーズについて、こちらもレスポンスが改善されている機能になりますが、左側のDX2016に対してDX2019は約40倍速くなっています。以前から比べると大幅なスピードアップしている機能となりますので、計算処理が行われていないのでは?と疑ってしまうほどの速さになっています。スライダーを動かしながらリアルタイムにスムージングを実行できるため、結果を確認しながら効率的に作業することができます。



ポリゴンやポリ頂点の削除について、DX2016ではDeleteキーを押すと最終的な実行を決定するためにダイアログが表示されていましたが、DX2019ではダイアログの確認項目がカットされています。削除するために必要だった処理時間も6倍短縮されています。メッシュの裏側を表現していた色が明るい色に変更され、形状を確認する際により見やすくなりました。


無料トライアルとして15日間を制限ない機能の状態で使用することができます。
お問合せやご相談はお気軽にお問合せ下さい。
Geomagic.sales.japan@3dsystems.com


2019年2月14日木曜日

Freeform 製品スポットライトウェビナ 1 オーガニックデザイン JP

Geomagic 製品の20分スポットライトウェビナ、今回はハプティクスデバイスを使ったモデリングツール Freeform で作るリストバンドモデリングをご紹介します。(日本語字幕による解説付き)