2018年5月29日火曜日

Geomagic Control X 新機能紹介動画

先日リリースされたGeomagic Control X 2018 Sp1 の新機能を紹介する動画をYouTubeにアップ致しました。
新しいバージョンを実際に見てみたい、体験したいという方は体験セミナーにぜひご参加ください。体験セミナーについて詳しくはイベント・セミナーページをご参照ください。

2018年5月14日月曜日

Geomagic 製品体験会を開催

3Dスキャンデータ処理ソフトウェアGeomagicシリーズの最新版体験会を開催しています。

現在決まっている予定日は次のとおりです。
6月 8日(金)
13:00~17:00
7月 6日(金)
13:00~17:00
7月 18日(水)
13:00~17:00
8月 7日(火)
13:00~17:00
9月 7日(金)
13:00~17:00
*各日とも同じ内容です。開催日は順次追加していきます。

主な内容:
・3D スキャンデータからCADモデルの作成フローのご紹介
・Geomagic Wrap、Design X、Control Xの操作体験
・3Dスキャンデータを使用した検査フローのご紹介


体験セミナーは毎月行っており、日程は順次公開していきます。
詳しくは イベント・セミナー をご参照ください。

2018年5月11日金曜日

Geomagic Control X 2018.1 リリース

3Dスキャンデータを使った品質検査ソフトウェア Geomagic Control X の新バージョンのリリースされました。
主な新機能や改善内容は次のとおりです。

・スキャニング中の台座の自動削除
アーム型3Dスキャナでの測定中に不要な台座をスキャンしないようにクリッピングすることができるようになりました。

偏差位置の改善
2018で追加された、パーツの表面上の傷や摩耗を調べるための偏差位置機能が改善され、より有用性が上がりました。

オートメーションサーバーの改善
測定データを監視して定義済みの検査内容を自動処理するオートメーションサーバー機能が改良され、コマンドラインからの実行が可能になりました。また検査処理もControl Xの画面を表示せず最小化したウィンドウでの処理が可能になりました。

新しいバージョンはインターネット接続されている状態で既存バージョンを起動して頂くか、評価版を希望される場合はWEBサイトから評価用のダウンロードをお申込みいただくことでご利用頂けます。



Geomagic Freeform / Freeform Plus / Sculpt 2017.1 リリース

ボクセルボリュームを使った3Dモデリングツール Geomagic Freeformシリーズの新しいバージョンがリリースされました。

バージョン2017.1ではArtec社のハンディスキャナによる実物のスキャニング機能を搭載し、また多くの機能改善が行われています。

新しいバージョンはインターネット接続されている状態で既存バージョンを起動して頂くか、WEBサイトから評価用のダウンロードをお申込みいただくことでご利用頂けます。



2018年5月8日火曜日

蓋のない容器をGeomagic Desigin Xでリバースモデリングする方法

Geomagic Design Xで蓋のない容器をモデリングする方法について
ご質問いただきましたのでご紹介したいと思います。


ポリゴン(測定データ)からリバースしてソリッド(CADデータ)作成

モデリングの手法については、いろいろな方法が考えられます。
容器の厚みが一定であれば『シェル』コマンドを活用すれば一発で作成できますが、一定ではない場合や内側の構造が複雑な場合は今回の方法が参考になると思います。


豆腐の容器から豆腐を取り出すイメージ

リバースモデリングを始める前に、大まかな構造を理解する必要がありますので、今回の形状であれば、先ずはお店に売ってあるお豆腐をイメージして下さい。
豆腐は容器に入っていますので、豆腐を容器から取り出すと容器だけが残ると思います。これが蓋のない容器をリバースモデリングするイメージになります。


ポリゴン(測定データ)からソリッド(CAD)データを作成


実際にポリゴン(測定データ)からソリッド(CADデータ)を作成する流れは、容器の中身が埋まっている状態と、中身だけのソリッドデータを別々に作成します。


ポリゴンからスケッチを作成

リバースモデリングを始めます。
ポリゴンからスケッチを作成するために、参照平面の『上面』にスケッチを作成します。容器の外枠となる形状から作成しますので、外周形状をトレースします。


スケッチから押し出してソリッドを作成

スケッチから『押し出し』コマンドを使ってソリッド形状を作成します。次に『フィレット』コマンドでエッジ部分にフィレットを作成します。容器の外周部分が作成されました。


容器の中身を作成するため外周の要素を使用

次に容器の中身を作成します。この時に容器の外周で作成したソリッドの形状をもとに中身を作成します。参照平面の『上面』にスケッチを作成し、『要素を変換』コマンドを使ってソリッドのエッジ部分をスケッチに抽出します。抽出したスケッチは『オフセット』コマンドで内側にオフセットします。



スケッチから押し出してソリッドを作成

スケッチから『押し出し』コマンドを使ってソリッド形状を作成します。次に『フィレット』コマンドでエッジ部分にフィレットを作成します。容器の中身が作成されました。


外と中を別々に作成し、中身を抜く

外周のソリッドと中身のソリッドが別々に作成しましたので『ブーリアン』コマンドの『カット』を使って、外周から中身を抜いた箱形状のソリッドを作成します。

容器の形状だけが残る

中身が抜かれた容器の形状だけが残れば完成となります。


今回作成したデータは下記のURLからダウンロードできます。
使用する際はGeomagic Desigin Xを立ち上げ、ダウンロードしたファイルを開いて下さい。フィーチャツリーから手順を確認することができます。
https://3dsystems.sharefile.com/d-s67706dad1f84e94b

2018年4月4日水曜日

3Dプリンターで型作り、新しい活用方法の提案③

『3Dプリンターで型作り、新しい活用方法の提案②』の続きです。

前回は3Dプリントするデータを準備する段階でした。今回は作成したデータからプリントし真空成型機で成型するところをお伝えします。

成形する形状は、汎用性のあるドアベルのスイッチを飾るカバーなります。世の中にありふれた形状の製品に、コストをかけず価値を付けることができないだろうか?ということが発想の発端となっています。ドアベルのスイッチに取り付けるカバーが今回製作するものになります。


3Dプリンターに捧げる歌

プリントするために海から戻ってきました。その道すがら新しい歌ができました。



MJP2500 高品質な出力とコンパクト性

使用したプリンターはMJP2500になります。
このプリンターの特徴は高品質なパーツ出力とコンパクトなサイズなためオフィスフレンドリーであることです。出力可能なものはPPライクマテリアル・ABSライクマテリアル・紫外線硬化樹脂の透明/白/黒/灰色・弾性のある紫外線硬化樹脂の半透明(自然色)/黒です。Sprintというソフトウェアが付属し出力モデルの面倒な配置も自動で行うことができ、インターフェースもシンプルで初めての方でも直観的に操作が可能です。Sprintについての情報はこちらです。


3Dプリント写真

それではプリンターで出力したパーツを見ていきたいと思います。
使った素材は紫外線硬化樹脂のこれこれです。MJP2500の高品質なプリンターで出力したのもあり、表面は積層段差が少なく非常に滑らかです。肉厚を5mmに設定したこともあり、ガッシリと重厚な雰囲気があります。今回の大きさ(150×100×26)で真空成型する場合、ここまで強度を必要とせずとも大丈夫のようです。リブ形状を設定したことで出力後の変形がほとんどありません。


真空成型した直後の状態

プラ板の不要部をカット

真空成型機で透明のプラ板を加熱した後にバキュームし成型したものになります。
直径1mmの穴を空気穴として設定すると、成型した形状にも反映されてしまうことが分かりました。次回はもっと小さな穴にするか、そもそも穴を開けなくても形状が再現できるかどうかの検証が必要です。

プラ板を温めてからバキュームする時間は一瞬です。しかも強力にバキュームしてくれるので、しっかりと形状が転写されていました。


しっかりと形状が転写されています。

丸穴は予想通りの形状をしていましたが、和柄として作成した穴形状は真空成型の独特な形状をしています。様々な形状で試してみると思いがけない形の発見になるかもしれません。


真空成型したカバーをスイッチに被せました。

今回は、スイッチのカバーとして制作しましたが、応用範囲もアイデア次第で多くの場所へ展開が可能と思います。ぜひ開発の試作として取り入れていただけたら嬉しく思います。

2018年2月23日金曜日

3/6 PTC ジャパン主催Webセミナー 「アディティブマニュファクチュリングによる これからの製造 ~3Dプリンターと3Dスキャナー検査~」

来る3月6日(火)にPTCジャパン株式会社主催のWebセミナー「アディティブマニュファクチュリングによる これからの製造 ~3Dプリンターと3Dスキャナー検査~」が開催されます。スリーディー・システムズ・ジャパンもご協力させていただき、ソフトウェア事業部 事業部長 並木が講演します。Webを閲覧する環境であれば、どこでも視聴できますので、是非、下記よりお申し込みください。


タイトル:アディティブマニュファクチュリングによるこれからの製造 ~3Dプリンターと3Dスキャナー検査~

対象:製造業における設計開発部門、生産部門の責任者/ご担当者様、CADユーザー様
※競合他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。

日時: 201836 () 17:0018:00

会場: Webセミナー
              Web経由でどこからでもご視聴いただけます。
    ※お申し込みの方には別途e-メールにて参加方法をご案内いたします。

受講料: 無料(事前登録制)
主催:  PTC ジャパン株式会社
メディア協力: ビジネス+IT

予定トピック
1) アディティブ マニュファクチャリングとか何か?
2)Dプリンター最新情報と活用事例
3)Dプリンターと3次元CADの連携機能 説明とその紹介
4)形状保証や3Dスキャナー検査について
5) 日本における製品設計・幾何公差導入の状況
6) まとめ・質疑応答

詳細・お申込みは、こちらから