2018年4月4日水曜日

3Dプリンターで型作り、新しい活用方法の提案③

『3Dプリンターで型作り、新しい活用方法の提案②』の続きです。

前回は3Dプリントするデータを準備する段階でした。今回は作成したデータからプリントし真空成型機で成型するところをお伝えします。

成形する形状は、汎用性のあるドアベルのスイッチを飾るカバーなります。世の中にありふれた形状の製品に、コストをかけず価値を付けることができないだろうか?ということが発想の発端となっています。ドアベルのスイッチに取り付けるカバーが今回製作するものになります。


3Dプリンターに捧げる歌

プリントするために海から戻ってきました。その道すがら新しい歌ができました。



MJP2500 高品質な出力とコンパクト性

使用したプリンターはMJP2500になります。
このプリンターの特徴は高品質なパーツ出力とコンパクトなサイズなためオフィスフレンドリーであることです。出力可能なものはPPライクマテリアル・ABSライクマテリアル・紫外線硬化樹脂の透明/白/黒/灰色・弾性のある紫外線硬化樹脂の半透明(自然色)/黒です。Sprintというソフトウェアが付属し出力モデルの面倒な配置も自動で行うことができ、インターフェースもシンプルで初めての方でも直観的に操作が可能です。Sprintについての情報はこちらです。


3Dプリント写真

それではプリンターで出力したパーツを見ていきたいと思います。
使った素材は紫外線硬化樹脂のこれこれです。MJP2500の高品質なプリンターで出力したのもあり、表面は積層段差が少なく非常に滑らかです。肉厚を5mmに設定したこともあり、ガッシリと重厚な雰囲気があります。今回の大きさ(150×100×26)で真空成型する場合、ここまで強度を必要とせずとも大丈夫のようです。リブ形状を設定したことで出力後の変形がほとんどありません。


真空成型した直後の状態

プラ板の不要部をカット

真空成型機で透明のプラ板を加熱した後にバキュームし成型したものになります。
直径1mmの穴を空気穴として設定すると、成型した形状にも反映されてしまうことが分かりました。次回はもっと小さな穴にするか、そもそも穴を開けなくても形状が再現できるかどうかの検証が必要です。

プラ板を温めてからバキュームする時間は一瞬です。しかも強力にバキュームしてくれるので、しっかりと形状が転写されていました。


しっかりと形状が転写されています。

丸穴は予想通りの形状をしていましたが、和柄として作成した穴形状は真空成型の独特な形状をしています。様々な形状で試してみると思いがけない形の発見になるかもしれません。


真空成型したカバーをスイッチに被せました。

今回は、スイッチのカバーとして制作しましたが、応用範囲もアイデア次第で多くの場所へ展開が可能と思います。ぜひ開発の試作として取り入れていただけたら嬉しく思います。

2018年2月23日金曜日

3/6 PTC ジャパン主催Webセミナー 「アディティブマニュファクチュリングによる これからの製造 ~3Dプリンターと3Dスキャナー検査~」

来る3月6日(火)にPTCジャパン株式会社主催のWebセミナー「アディティブマニュファクチュリングによる これからの製造 ~3Dプリンターと3Dスキャナー検査~」が開催されます。スリーディー・システムズ・ジャパンもご協力させていただき、ソフトウェア事業部 事業部長 並木が講演します。Webを閲覧する環境であれば、どこでも視聴できますので、是非、下記よりお申し込みください。


タイトル:アディティブマニュファクチュリングによるこれからの製造 ~3Dプリンターと3Dスキャナー検査~

対象:製造業における設計開発部門、生産部門の責任者/ご担当者様、CADユーザー様
※競合他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。

日時: 201836 () 17:0018:00

会場: Webセミナー
              Web経由でどこからでもご視聴いただけます。
    ※お申し込みの方には別途e-メールにて参加方法をご案内いたします。

受講料: 無料(事前登録制)
主催:  PTC ジャパン株式会社
メディア協力: ビジネス+IT

予定トピック
1) アディティブ マニュファクチャリングとか何か?
2)Dプリンター最新情報と活用事例
3)Dプリンターと3次元CADの連携機能 説明とその紹介
4)形状保証や3Dスキャナー検査について
5) 日本における製品設計・幾何公差導入の状況
6) まとめ・質疑応答

詳細・お申込みは、こちらから

2018年2月22日木曜日

SOLIDWORKS と3Dプリンタの架け橋、3DXpert for SOLIDWORKSリリース


3D Systemsのメタルプリンタ用ソフトウェア 3DXpert が SOLIDWORKS サブスクリプションユーザー向けに新しく 3DXpert for SOLIDWORKS としてリリースされました。

3DXpert for SOLIDWORKS はメタルプリンタに限定せず、アディティブマニュファクチャリングのためのデータづくりと準備をサポートします。
SOLIDWORKS サブスクリプションユーザーなら誰でもフリーで利用できるため、3Dプリンタの導入を検討している方、すでにお使いいただいている方の強い味方になるでしょう。

SOLIDWORKSで作成したモデルを直接 3DXpert for SOLIDWORKS へ転送し、そのまま3Dプリントのためのデータ準備作業に入れます。

有償のアドオンやスタンドアロン版も用意されており、ラティス構造で軽量化したモデルをSTLで出力し、お使いのプリンタでの造形にもご利用頂けます。


3DXpert for SOLIDWORKSはWEBサイトからダウンロードしてすぐにご利用頂けます。よくある質問もWEBサイトからご確認頂けます。

https://ja.3dsystems.com/software/3dxpert-solidworks

2018年1月24日水曜日

【セミナーレポート 公開】 これからの時代を勝ち抜く“ものづくり”とは? 「次世代3Dテクノロジーで変える未来のものづくり~世界で勝てる製造業への道しるべ~ 」

2017年10月19日、株式会社マイナビ主催、ダッソー・システムズ株式会社、株式会社スリーディー・システムズ・ジャパン、アイコクアルファ株式会社共催で名古屋に製造業向けのセミナー「次世代3Dテクノロジーで変える未来のものづくり~世界で勝てる製造業への道しるべ」を開催しました。
セミナーレポートが下記に掲載されていますので、ご興味あれば是非、ご覧ください。

セミナー前編
https://news.mynavi.jp/kikaku/20171211-554092/

セミナー後編
https://news.mynavi.jp/kikaku/20171211-554094/

2018年1月23日火曜日

Geomagic Design X 2016.2 リリース

リバースエンジニアリングソフトウェア Geomagic Design X 2016.2 (2016 Service Pack 2)がリリースされました。
この新しいバージョンではスキャンデータからの自由曲面作成の機能の改善を中心に、お客様からのフィードバックに基づいた変更、追加が行われています。主な新機能、変更点は次の通りです。
  • LiveScan中のクリッピング平面設定(床面の自動除去)
  • グローバル座標系の選択(Y-アップまたはZアップの切り替え)
  • パッチネットワーク修正ツール機能の追加と改善
  • チュートリアルへのアドバンスドコースの追加
新しいバージョンはgettingstarted.geomagic.comよりご入手頂けます。
ユーザーの方はもちろん、スキャンデータを活用を検討されているお客様にもインストール後、15日間評価版として全機能をご利用頂けます。新しいDesign Xをぜひお試しください。


スキャン時の床面自動除去




2017年12月25日月曜日

3Dプリンターでオリジナルオセロ

Merry Christmas! 

今日はクリスマスですね!会社のある恵比寿ガーデンプレイスではツリーやらイルミネーションやらですっかり華やかな雰囲気です。そんな中、スリーディー・システムズ・ジャパンでは先日社内イベントとして初めてささやかなクリスマスパーティを催しました。そこでの企画として作られたのがオリジナルのオセロボードとストーンです。

ご存知でしたか?

オセロは日本生まれのボードゲームで、簡単なルールでありながら戦略思考を要するということで子供から大人まで楽しめ、今や世界大会もあるほど人気があるんです。またそのネーミングや、盤および石の色、大きさにも由来があり、なかなか奥深く、知るほどに面白いゲームなのです。
しかし何と言っても石の厚さが薄いので、造形時間がかからなくてプリンタ向き!

オリジナルオセロを作ろう!

というわけでおよそ1か月前からデザインやモデリングを開始したのですが、さて、せっかく作るなら普通とは違ったものにしたい。ということで、石には柄を付けて、眼だけではなく触感でも白黒が分かるようにエンボス加工を施すことにしました。
これにはまずは画像を用意しなくてはいけません。1つはフリーの画像を、反面はちょうどよい画像が無かったので、モデリングした形状のシルエットを使うことに。

石の形状を作ります。ここでも触り心地や造形結果、後処理を考慮して表面を凹面にする一工夫を。

用意した画像使ってエンボス加工します。

盤は模様をカラーでプリントしたいので石膏フルカラータイプのProJet CJP 660 Proを使います。石膏は重いので、それを考慮してリブを作って
こちらはフリー画像を加工して盤の目を作った画像をテクスチャとしてマッピング。

データができたらプリントです。
石は白いプラスチックマテリアルと黒いプラスチックマテリアルというように2種類のマテリアルを同時にプリントできるマルチジェットプリンターProJet MJP 5600を使います。3D Sprintでマテリアルを割り当ててプリント。

盤は一度に造形できるサイズではないのであらかじめ半分に切断してあります。造形範囲に収まるように配置しなおしてプリントします。
完成品はこちらです。なかなかきれいに仕上がっています。

石を盤と同じ石膏タイプで作ってみると、MJPのプラスチックとはまた違った趣に。石膏タイプは重みがあって重厚な感じ、プラスチックは半透過した透明度のある軽い感じに仕上がっています。
左:石膏、右:プラスチック

オセロはトーナメントで16人の熱い戦いの末、なんと入社1週間のエンジニアが冷静な戦いぶりを発揮して勝利を勝ち取りました。

さて、次は何を作ろう?


2017年10月30日月曜日

Geomagic Control X 新バージョンリリースセミナーのお知らせ

スリーディー・システムズ・ジャパンでは3Dスキャンデータを使った品質検査ソフトウェア Geomagic Control X の新バージョンを間もなくリリース致します。これに伴い、東京、名古屋、大阪で新機能紹介セミナーを開催を決定致しました。

スキャンデータ処理の自動化、エアフォイル寸法検査、凹み等の表面欠陥検査など、ユーザーの声に応えた新しい機能をいち早くご覧頂ける機会です。
参加は無償です。どなたさまもお気軽にご参加お申込みください。

参加は事前登録が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。
3Dシステムズ主催:検査ツール Control X 2018 新バージョンリリースイベント


ウィザード式で半自動化されたエアフォイルの寸法検査