2017年10月30日月曜日

Geomagic Control X 新バージョンリリースセミナーのお知らせ

スリーディー・システムズ・ジャパンでは3Dスキャンデータを使った品質検査ソフトウェア Geomagic Control X の新バージョンを間もなくリリース致します。これに伴い、東京、名古屋、大阪で新機能紹介セミナーを開催を決定致しました。

スキャンデータ処理の自動化、エアフォイル寸法検査、凹み等の表面欠陥検査など、ユーザーの声に応えた新しい機能をいち早くご覧頂ける機会です。
参加は無償です。どなたさまもお気軽にご参加お申込みください。

参加は事前登録が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。
3Dシステムズ主催:検査ツール Control X 2018 新バージョンリリースイベント


ウィザード式で半自動化されたエアフォイルの寸法検査

2017年10月23日月曜日

パートナー イグアス社 10/25 11/8セミナー開催「3DSystems社製3Dプリンター最新情報セミナー」

3D Systemsのパートナーでありますイグアス社が来る10/25、11/8にセミナー「3DSystems社製3Dプリンター最新情報セミナー」を開催します。

 「3DSystems社製3Dプリンター最新情報セミナー」
日時 2017年 10月25日(水)・11月8日(水) 13:30~16:00 ※受付開始 13:15~ ※開催時間は変更となる場合があります。

会場
 【川崎】イグアス3Dソリューションセンター     
川崎市川崎区追分町1-18     JR川崎駅(東口)⑤番バス乗り場 川24系統 鋼管循環バスにて約10分     「追分停留所前」下車すぐのピンク色の建物です。

【名古屋】イグアス名古屋事業所     
愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル17F 

【大阪】イグアス新大阪事業所      
大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー13F

 参加費 無料
主催 株式会社イグアス
協催 イグアスビジネスパートナー各社

■ 詳細・お申し込みはこちらからお願いします。

2017年10月12日木曜日

10/19開催「次世代3Dテクノロジーで変える未来のものづくり~世界で勝てる製造業への道しるべ~ in 名古屋」

来る10/19にマイナビ主催、ダッソー・システムズ、スリーディー・システムズ、アイコクアルファ共催で「次世代3Dテクノロジーで変える未来のものづくり ~世界で勝てる製造業への道しるべ~ in 名古屋」を開催します。 基調講演に日刊工業新聞社 本社業務局次長兼企画部長 板崎 英士様、ゲストスピーカーにプリズマット・ジャパン株式会社 取締役 小栗 有志様をお招きし、最新のアディティブマニュファクチャリングについて、ご紹介していただきます。 「次世代3Dテクノロジーで変える未来のものづくり~世界で勝てる製造業への道しるべ~ in 名古屋」 日時:2017年10月19日(木)13:00~(受付12:30~) 参加費:無料 会場:愛知県名古屋市中村区名駅四丁目7番1号    ミッドランド スクエア 11F マイナビルーム    ・JR「名古屋」駅 桜通口より 徒歩2分 主催:株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局 共催:ダッソー・システムズ株式会社    株式会社スリーディー・システムズ・ジャパン    アイコクアルファ株式会社 協賛:株式会社イグアス 内容詳細・お申し込みはこちらから

2017年9月21日木曜日

ダッソー・システムズ主催「アディティブ・マニュファクチャリング・シンポジウム」に協賛


ダッソー・システムズ様主催の「アディティブ・マニュファクチャリング・シンポジウム」に協賛させていただきます。

「アディティブ・マニュファクチャリング・シンポジウム」
  • 日時:2017年10月11日 (水)  13:30~18:00 (13:00開場)
                 
  • 会場東京コンファレンスセンター品川 402N
          
  • 主催:ダッソー・システムズ株式会社
  • 対象者:製造業の研究・開発・設計・技術管理部門の方、経営改革・業務改革に携わっている方
  • 参加費:無料

講演者
  • デュポン株式会社 パフォーマンスマテリアル事業部 技術部 設計技術室 金田 紘明氏
  • TWI Japan (接合・溶接、表面改質、NDT、構造物健全性評価研究所)  角張 隆男氏
  • WEARE Group アドリアン ピション氏
  • 株式会社山一ハガネ AM事業部 事業部長 小栗 有志氏
  • 株式会社スリーディー・システムズ・ジャパン 営業部 並木 隆生氏

詳細、お申し込みはこちら です。


2017年9月14日木曜日

[出展情報]関西 設計・製造ソリューション展(DMS)

3D System Japanは、2017104日(水)~6日(金)にインテックス大阪で開催される「第20回 関西 設計・製造ソリューション展(DMS関西)」に初めて出展します。
今回、大型造形・マルチマテリアル3Dプリンター「ProJet MJP 5600」、高精度、スピード、簡単操作インクジェット3Dプリンター「ProJet MJP 2500」、次世代の3D計測ソフトウェア 「Geomagic Control X」の実機・ソフトウェア等々を展示します。




<関西 設計製造ソリューション展 3D Systems Japanブース
会期:2017104日(水)~6日(金)10001800 金曜日のみ17:00まで
会場:インテックス大阪 
小間番号:2号館 4-52


皆様のご来場をお待ちしております。

2017年9月12日火曜日

3Dプリンターで型作り、新しい活用方法の提案②

今回のテーマとなるインターホン


今回は3Dプリンターを使った新しい活用方法のつづきです。
3Dプリンターを成型品としてではなく、型成型としても活用していこう!汎用性のあるインターホンに対して、意匠デザインを展開していきます。

そもそも今回の内容は一人のアイデアから始まりました。
「3Dプリンターで型を作って、真空成型機を使って成型したら安いコストで意匠デザインの展開ができるんじゃ?」ということで実際にやってみました。

しかしデータを作成する前に悩まされることがあります。



悩んだ結果、海へ来ました。

・強度に必要な厚みとは
・空気を抜くために必要な穴のサイズとは
・成形した形状に影響しない穴のサイズとは
・穴の大きさ深さからどんな形状が作られるのか
・そもそも真空成型機を見たことがない

とまぁ、分からないこともありますが細かいことは作ってみてから考えようと思います。



今回使った真空成型機はNSK様にご協力いただき『Formech』を使わせていただきました。
コンパクトで分かり易くセッティングも容易なのが特徴です。


ちなみに3Dプリンターの CJP (Color Jet Printing) で出力さえたものを型として真空成型機で成型すると、穴を開けることなく真空成形することができます。 CJP は素材に石こうを使っていて、硬化させるのに接着剤を使用しています。
石こうは積層時に非常に小さなすき間が生まれるので、そのすき間から空気が抜かれる仕組みです。
形状の厚みによっては壊れる可能性もありますので、真空成型機で使う場合には注意が必要です。
ProJet CJP 660Pro の情報はコチラ

突起形状の小さな丸が並ぶ場合はご注意!


まずは2Dの作図から行いました。
使ったソフトウェアは『Geomagic DesignX』です。
こちらのソフトウェアはスキャナで測定したデータをリバースモデリングするソフトウェアで、CADモデリング機能を使ってモデリングしていきます。

2Dの作図を行うときに注意しなければいけないこととして
小さな丸いものが複数個並び、しかもそれが突起形状だとどうなるか…ということです。人によっては耐えられない形状ができてしまいます。きもち悪くならないレイアウトが必要になります。




型の安定性を増すためにリブを立てました。
形状によってはリブを立てることによって、変形を防いで精度が上がります。
リブの幅は5mmに設定しました。空気を抜く穴を避けながらリブを設置します。



作図が終了したものがこちらになります。
ドット柄・和柄(小)・和柄(大)の3種類を作成しました。



今回の和柄を作るときは肉厚がなくなってしまうと、3Dプリントしたときにバラバラになるので
その場合は角を丸めることで回避できます。
2Dの作図の時には気づきませんでしたが、3Dにすると真空成型機で成形するときに壊れてしまうことに気付きますね。


次回は、3Dプリンターでプリントしたものと真空成型機で成形したものをご紹介します!

2017年9月10日日曜日

ProJet 2500 で作ったLEDライトケース

ProJet MJPの三男坊の3Dプリンタ、ProJet MJP 2500で作ったLEDライトケースです。





毎日鍵につけてバッグに入れて3ヶ月使ってますが、ヒビも入らずとても丈夫!
中に回路やバッテリーが入っており、ちゃんとライトも点きます。

透明材料なので、中が少し透けて見えて、カバーには物凄く細かいロゴも入ってます。
精度が高いので、ぴったり嵌って外れません。

新しいクリアマテリアルは、最終用途にどの位耐えられるかな?





今回のLEDライトケースで使ったマテリアルは・・・