2011年11月28日月曜日

3D printed Punch-bag, MoMa collection

Punch-bag は、3Dプリンタで「一体成型で」作った3Dテキスタイルのバッグで、MoMA (The Museum of Modern Art, New York)のコレクション・アイテムになっています。
デザイナはJanne Kyttänen & Jiri Evenhuis 2005、オンラインにて250ユーロで販売しています。

http://www.freedomofcreation.com/shop/order.php?pid=32



これを3Dデータから直接"SLS(レーザ粉末焼結式3Dプロダクションプリンター)"で、どう作ったかのビデオがあります、ご覧あれ。

http://www.flickr.com/photos/freedomofcreation/5168823673/

[ビデオの解説]

1. コンピュータ上で3Dでデザインして3Dデータにします。
2. 3Dデータを、SLS 3Dプロダクションプリンターに送ります。
3. 送られた3Dデータは約0.1mm程度に薄くスライス化(輪切り)されます。このスライスの一番下から順番にプリントされます。
4. SLS装置のタンクには、ポリアミドの微粒子(パウダー)が入っています。このパウダーの上に、スライス化した一番下の層の形状に沿って、レーザー光を当てます。レーザーが当たった部分だけが焼結して固まり、薄い切り絵の紙のような状態になります(粉の中に埋まったままです)。その上にまた薄く粉を敷き、そこにまたレーザー光を当てて2番目のレイヤーを作ります。2番目と1番目のレイヤーは分子レベルで密着して、徐々に厚みが出てきます。
5. これを繰り返していきます。
6. 最後のレイヤーまでが終わると、粉の中に製品が埋まった状態になります。
7. タンクの中から製品を取り出します。
8. 粉をふるい、バッグの本体とハンドルを組み付けます

video

0 件のコメント :

コメントを投稿